どんな病気かを知ろう

cat lying

フィラリアは蚊を媒体として起こる病気です。犬の体内に寄生した幼虫は数か月かけて成長します。成長した成虫は、卵を産み増殖します。特に心臓で増殖した場合は、重症化する場合が多く、外科的な治療が必要になることもあります。そんなフィラリアの主な症状は、咳や食欲不振、四肢のむくみなどです。血尿が出たり呼吸困難になったりする場合もあります。また、水を異常に欲しがるなどの異変が生じる場合もあります。フィラリアを予防するためには、予防薬を使用するのが一般的です。従来は動物病院のみで処方されていましたが、現在では個人輸入という手段で手に入れることもできます。個人輸入代行業者は多数あり、今後はさらに広がりをみせると思われます。

動物病院でフィラリアの予防薬を処方してもらう場合、料金には病院によって差があります。また、地域によっても異なります。それは人間のように保険診療ではないことが一因となっています。個人輸入により予防薬を入手する際でも、ショップによって差はありますが、動物病院で処方してもらうよりも安価な場合がほとんどです。日本の動物病院で処方される薬と同等のものと比べると半額以下で購入できる場合もあります。また、ジェネリック医薬品を活用すれば、より安価で購入することも可能です。フィラリア予防薬は、犬の犬種や体重によって適した薬が異なるため個人輸入を利用する場合は、飼い主自身がしっかりと確認する必要があります。けれども、安価で手軽な方法として人気を集めています。